【転職おすすめ企業】SCSK株式会社

【転職おすすめ企業】SCSK株式会社

IT業界に第二新卒で転職したい場合、
私は大手IT企業に転職することをおすすめします。
大手IT企業をおすすめする理由は以下を読んでください!

具体的にどこの企業に転職したらいいの!?
おすすめは!?

今回は転職先としておすすめIT企業を紹介するシリーズです。
今回紹介するのは【SCSK株式会社】です。

2022年から以下のように、今田美桜さんが出演するCMも放送されていますので
ご存知の方もいると思います。

SCSK株式会社がどういった会社かをこれからご紹介し、
なぜ転職先としておすすめなのかを説明していきます。
IT業界に転職したいが転職先に迷っている方はぜひ参考にしてください!

SCSKの業績

まずはSCSKの業績を確認していきます。
下の画像は2022/5/20時点で公表されている業績です。
「株探」というサイトから確認できますので、気になった方はぜひ利用してください!

さすが大手企業というか、
2023年度は売上高4500億円と非常に大きな規模となっています。

売上高が順調に上がっていることがわかります。
売上高が右肩上がりということは、事業が順調に成長している証拠です。
これが今後も続くのであれば、SCSKは今後も会社規模が大きくなることが想像できます。
少なくとも「すぐに倒産するくらい危険な状態」ではないため、
入社したら長く働くことができるはずです!

また、今後も売上が上がれば利益も上がり、利益も上がるなら社員の給与も上がることでしょう。
そうなれば転職する我々からするとありがたい話です。
給与が上がるタイミングで入社できるわけですから笑

業績からみても、SCSKは転職先としておすすめです!

SCSKのOpenWorkの評価

続いてSCSKのOpenWorkでの評価を確認します。
OpenWorkとは何か・見方をこちらの記事で紹介していますので、
知らない方はこちらからご覧ください。

下の画像は2022/5/22時点のOpenWorkの評価になります。

総合評価は「3.37」と非常に高いスコアです。
回答者も1000人を超えることから、信頼できるスコアと考えられます。

また、月間の残業時間が20時間台なのはいいですね笑
IT業界は残業が多いことで有名ですから、20時間台で抑えられているのは
SCSKが働き方改革に取り組んでいる証拠だと言えます。
有給消化率も高いため、働きやすい企業と考えられます。

唯一気になるのは「待遇面の満足度」ですね。
他の項目と比べて少し低いような気がします。
しかしこれはあくまでSCSK社員の主観ですから、他企業に比べて年収は高いかもしれません。

転職先には年収が高いことを求める方もいると思います。
次の章では実際にSCSKの年収は高いのか、低いのかを見極めたいと思います。

SCSKの平均年収

上場企業であれば、そこで働く社員の平均年収は
「有価証券報告書」という資料で確認することができます。

SCSKは上場企業でありますから、有価証券報告書で年収を確認できます。
それが以下になります。以下は2021/3/31時点の平均年収です。

平均年収は752万円であることがわかります。
※これは賞与・残業代を含む年収です。
社員の平均年齢が43歳ですから、
43歳で年収750万円になると読み替えてもよさそうです。

けっこう高い方だとは思いませんか?
IT業界は比較的年収が高い業界ですが、
SCSKはIT業界の中でも平均よりは高い方であると考えられます。

もちろん年収750万円でも満足しない方もいらっしゃるでしょう。
いわゆるハイクラス転職を望む方にとってはSCSKは合わないかもしれません。

ただ、第二新卒でハイクラス転職は難関です。
もしあなたが、「第二新卒の転職では平均以上の年収がもらえたら問題ない!」という考えなら
SCSKは転職先として有りではないでしょうか?

また、第二新卒で一度SCSKに入社し、
大手IT企業で経験を積んでから10年後にハイクラス転職を目指すのも有りだと思います。

他のおすすめ転職先は?

今回は以下3点の理由から、
SCSK株式会社を第二新卒の転職先としておすすめしました。
 ・業績は順調に伸ばしており、今後の成長にも期待できる
 ・OpenWorkの総合評価は「3.37」と高い(企業全体の上位4%)
 ・平均年収がIT業界の中でも高めである

ただ、おすすめ転職先はSCSKだけではありません!
他にもいろんな企業があります。
応募する企業は1つだけではなく、5個程度は考えておくべきです。
おすすめ企業を今後も紹介していきますので、ぜひご確認ください。

あなたの転職が成功しますように。