【例文あり】キャリアプランについての答え方

【例文あり】キャリアプランについての答え方

5年後・10年後あなたはどうなっていたいですか?

キャリアプランに関する質問は、
第二新卒の面接では必ず聞かれると思ってください。

この質問をその場でうまく答えられる人は滅多にいないでしょう。
だからこそ事前に準備しておくべきです。

今回はキャリアプランの答え方のポイントを
例文を使って解説していきます。
これを読めばあなたのキャリアプランのヒントが見つかります。

面接前の準備として参考にしてください!

答え方のポイント

ポイント① 入社したら夢が叶うアピールをする

あなたの望むキャリアプラン・夢が
入社したら実現できることをアピールしてください。

極端な話をします。
あなたはIT企業の面接に行って、「10年後どうなっていたいですか?」と聞かれたとします。
それに対して「10年後はカフェをオープンしたいです」と答えたとします。

面接官は「は?」となるでしょう。
「それうちに入社しても叶えられないよ?」となるんです。

上は極端な例でしたが、「入社しても叶えられないこと」言う人はたくさんいます。
会計システムに関わる求人なのに「地域の活性化に貢献したい!」とか、
IT業界の営業の求人なのに「現場でのシステム導入に貢献したい!」とか、、

必ず、あなたのキャリアプランが
入社したら実現できることをアピールしてください。

ポイント② 導入事例から考える

ポイント①を踏まえても、キャリアプランを作ることは非常に難しいです。
10年後の未来なんて簡単には想像できません。

そこで良い方法があります。
企業のHPで「導入事例」を確認してください!

どんなプロジェクトを・どんな人が・どう頑張って成功させたか
が、導入事例には書かれています。
導入事例で登場する人が、
入社後のあなたの5年後・10年後と言っても過言ではありません。
あなたの先輩なのだから。

導入事例から考えることができれば、
簡単にキャリアプランの回答を作ることができます!
次の章では具体例を用いて説明しますね。

例文① 5年後のキャリアプラン

まずは面接を受ける企業のホームページを確認します。
すると、だいたい右上の方に
「導入事例」や「お客様事例」みたいなものがあります。

これはある企業のホームページです

そこには色んな顧客にシステムを導入した際の
体験談が書かれています。

そこであなたは「田中担当者が〇〇株式会社に経費精算システムを導入した事例」を読んだとします。
その事例を参考にした場合は、以下のようなキャリアプランの例文を作ることができます。

私は5年後、プロジェクトリーダー(以下PL)として、
経費精算システム導入プロジェクト成功に貢献したいと考えております。
御社のホームページの「〇〇会社への経費精算システム導入事例」を読ませていただきました。
その事例でご紹介されていた御社の田中様の経験を参考にし、
PLに必要なことは大きく以下2点であると考えております。
1点目は、お客様の要望の背景を理解すること。
2点目は、現行のシステムの仕様を理解しお客様業務を理解すること。
入社後は係員として上記2点の経験をさせていただき、
5年後はPLになりたいと考えております。

面接を受ける企業のホームページを見ていることで
志望度をアピールすることができています。
また導入事例を確認していることを伝え、
「入社後の仕事を具体的に想像できている」アピールをすることができています。

総じて良いキャリアプランの答え方になっています。

例文② 10年後のキャリアプラン

面接を受ける企業のホームーページの「導入事例」で
以下のような事例を確認した場合のキャリアプランの例文を考えます。
 「森田担当者が〇〇株式会社に統合会計システムを導入した」

私は10年後、プロジェクトマネージャ(以下PM)として
会計システム導入プロジェクト成功に貢献したいと考えております。
御社のホームページの「導入事例」で紹介されていた
「〇〇会社への統合会計システム導入プロジェクト」を読ませていただきました。
そのプロジェクトのご担当者様、森田様のコメント等を読ませていただき、
PMには以下2点が大きく必要であると考えております。
1点目は、プロジェクト全体を見わたす能力。
2点目は、プロジェクトメンバーに正確な説明をする能力。
入社後は先輩PMのそばで立ち振る舞いを学ばせていただき。
将来的には自身がPMとして活躍したいと考えております。

入社後の業務内容をイメージしているだけでなく、
先輩の仕事から学びたいという学ぶ意欲もアピールできているため、
答え方としては最適であると思います。

注意点

企業のホームページに記載された
「お客様事例」「導入事例」を参考にキャリアプランを考えることを
私はおすすめしました。
しかしこれには注意事項があります。

それは、「キャリアプランで参考にした事例は必ず最後まで読むこと」です。

導入事例を読んだと言われると、面接官は嬉しくてたまりません。
他にそのような人はおらず、この子は志望度が非常に高いと感じるからです。
そのためその事例に関して、より深く質問してしまいます。

その質問にたいして
「いや、そこまでは・・・」「あのー・・・」
などと答えられると幻滅してしまうのです。
なんだ、面接のためにサラッと読んだだけか・・・と思ってしまいます。

そう思われないように、必ず最後まで読んでください!
これでキャリアプランの質問も怖くはありません。

その他にも「逆質問のコツ」を紹介しています!
面接を受ける前に必ず読んでくださいね。

あなたの転職が成功しますように。