【難しい】第二新卒の転職のデメリット

【難しい】第二新卒の転職のデメリット

ネットで「第二新卒 転職」と検索すると、
第二新卒で転職するメリットの情報が多く出てきます。

メリットがあることには私も同意します。
メリットの詳細は以下の記事をご確認ください。

しかし採用側の目線・実際に第二新卒で転職した私から言うと
第二新卒での転職はデメリットが大きいです。

この記事を読めば、第二新卒で転職するデメリットを理解していただき
「それでも転職するか、今の会社にもう少し残るか」を判断することができます。

デメリット① 「またすぐに辞める」と思われる

「新卒で入社した会社を3年以内で辞める」
正直、採用側からすると印象が悪いです。

辞める決意をするまでに色んな事情があったとは思います。
 ・残業が多くプライベートに支障をきたしている
 ・上司など人間関係で問題がある
 ・給与が低くて欲しいものが買えない

しかしそれらの事情は採用する企業には関係ありません。
「3年以内で辞めようとしている」という事実が大事なのです。

うちに入社してもすぐに辞めるのではないか

この人に何か問題があるのではないか

採用側はそう思ってしまうのです。

だからこそあなたは採用側に不信感を抱かせないよう、
誰もが納得するような「退職理由」を準備する必要があります。

そのような退職理由を考えるのは非常に難しいです。
採用側に好印象を与える退職理由を考える方法を以下で紹介しています。

デメリット② 面接での発言が信用できない

面接では必ず「志望理由」を聞きます。
第二新卒の方は答えてくれるのですが少し思ってしまうのです。

そんな志望理由を3年前にも言って今の会社に入社したのでは?

今は志望してくれているが、数年後にその気持ちが無くなるのでは?

そう思われないようにするため、新卒の時の面接よりも
強固で具体的な志望理由を用意する必要があります。
そして採用側に「この人は長く勤めてくれる」と思わせなければなりません。

強固で具体的な志望理由を考えるには、良い方法があります。
例文も紹介しているので参考にしてあなたの志望理由を考えてください。

デメリット③ 次の転職先で失敗するとあとがない

第二新卒で転職が成功したとします。
しかし転職先でも問題が発生しました。
 ・残業が多すぎる
 ・人間関係がうまくいかない
 ・思っていた仕事がさせてもらえない

よし、また転職しよう!

そう思っても世の中甘くありません。
あなたは「2社とも3年以内に辞めた人」であり、
次の転職先を探すとき、あなたに対する採用側の印象は最悪です。

転職先に失敗できません。
せめて5~10年ほどは転職しなくていいような会社へと転職しなければなりません。

あとがない第二新卒の転職先として、私は大手企業を推奨しています。
逆にそれ以外(中小企業)への転職は絶対にお勧めしません。

そう言い切れる理由は以下の記事にまとめています。
きっと納得していただけるはずなので、転職先を探す前に必ず読んでください。

デメリット④ スキルが何も身についていない

採用側は転職組に「即戦力」を期待しています。
即戦力でなくて良いのであれば少しでも若い新卒を採用する方が良いわけですから。

ただ、第二新卒にはほぼ確実にスキルはありません。
たかだか3年しか働いていないから当然です。
さらには経験もありません。つまり即戦力ではないわけです。

そのため、スキル・経験が身についていると採用側が判断する
5~10年は今の会社で頑張ってそのあとに転職するのも1つの手だと思います。

しかしどうしても第二新卒で転職したいのであれば、
客観的にスキルがあると判断できる資格を取得することをお勧めします。

じゃあどんな資格があるの?

IT業界に転職するときに役に立つお勧めの資格を以下の記事で紹介しています。
何を勉強すれば良いのかわからない方はぜひ読んでください。

また、採用する側の私の意見を言わせていただくと、
資格を取得してから面接を受ける必要はありません。
「今、〇〇という資格を勉強しています!」でいいんです。

第二新卒でスキルがないのは当たり前であり、採用側もわかっています。
スキルを身に着けようと自主的に努力している、そういう姿勢が
採用側には好印象で「この人は入社してからも学びを止めないだろう」と思わせることができます。

デメリット⑤ 待遇が新卒の頃に戻る

今の会社で3年勤務した場合、おそらくあなたは昇給していることでしょう。
あるいは昇格して部下をもっているかもしれません。

しかし転職した場合、その転職先での新卒の待遇と同じ待遇にあなたもなります。
待遇が新卒の頃に戻るのです。これは仕方ありません。

あなたはスキルも経験もない状態で転職しているため
採用した企業からすると新卒を採用した感覚に近いです。

残念ながら、待遇が新卒の頃に戻ってしまうことを回避する方法はありません。
そのため「そういうものだ」と割り切って落ち込まずに前を向いて頑張りましょう。
頑張っていれば必ずあなたは昇給できます。

第二新卒で転職したければエージェントを使え

今回は第二新卒を採用する側の目線から、第二新卒のデメリットを5つ紹介させていただきました。

ネット上には
 「第二新卒で転職するのは簡単だ」
 「第二新卒でも嫌なら早く転職した方がいい」
などなどいろいろな情報があふれています。

しかし私はそう思いません。
第二新卒で転職するのはメリットよりもデメリットの方が大きいです。

それを理解した上で「それでも転職するんだと思ったあなた」
私はそんなあなたを応援します。

デメリットを克服して転職を成功させるためには他の人の協力が必要です。
協力してくれるのは転職エージェントです。
無料なので使わない選択肢はありえません。

ただ転職エージェントは世の中にたくさんあります。
転職エージェントの選び方・使い方を以下の記事で紹介していますので参考にしてください。

あなたの転職が成功しますように。