【人のフリみて我がフリ直せ】Web面接での失敗5つ

【人のフリみて我がフリ直せ】Web面接での失敗5つ

最近になって急激に増えた「Web面接」、
転職の面接でもよく使用されます。
実際、私もWeb面接することが多くなりました。

ただ、急激に増えたので面接を受ける側は不慣れのため、
Web面接でやらかす・失敗が多いです。
Web面接ならではの事件が発生し、
ちゃんと面接できないことだってあります。

この記事を読めば、実際にあった人の失敗から
Web面接で気を付けるポイントを学ぶことができます。
面接前に必ず読んでWeb面接を突破してください。

カンペを読んでいることがバレる

Web面接をしていると、時折思うことがあります。

よく目線が下に向くな・・・

おそらく、自己PRや志望動機を聞かれたときの答えをカンペにして
手元に置いているのでしょう。
Web面接だからバレないだろうと。

カンペは絶対にバレます。
明らかに目線が不自然なんです。
対面面接のときよりも、画面上の方があなたの顔がよく見えます。
だからあなたの目の動きがよく見えるんです。だからバレます。

バレたら最悪です。
面接官に悪い印象を与えかねません。

Web面接でも、対面面接と同じようにカンペを用意せず臨んでください。
もし用意するとしても、簡単な箇条書き程度にしてください。
目線をそこまで動かさなくて良いように。

面接の途中でWi-Fiが切れる

では、弊社を志望する動機を教えてください

はい、私が御社を志望する動機は2点あります。
1点目は御社が自社の社員を大切にされている点です。
御社ではフレックスタイム制度やテレワーク制度を導入して・・・ザザザ・・・

ん?すみません、音声が途切れましたが

これは本当によくあります。
自宅のWi-Fiに繋いでいたら突如ネット環境が乱れるんです。

乱れるのが1回であれば問題ありません。
しかし3回・4回となってくると、あなたの話が面接官の耳に残りません。
面接官の聞く気持ちが削がれるんです。

あなたに使える面接時間はあらかじめ決まっています。
ネット環境が乱れて話が中断されてしまうと、
あなたの話を聞く時間も無くなってしまいます。

自宅のネット環境に少しでも不安があるのなら、
Wi-Fiには繋がないでください。
お願いします。

実家暮らしで家族の生活音が音声に入る

では、あなたが今までしてきた業務内容について教えてください

私は入社1年目は主に単体テストを行っておりました。
まずは詳細設計書を確認しシステムの仕様を確認しておりました。
その後単体テストを実施することで、
不具合を洗い出すことができ(ブイーーーーーーン)

明らかに掃除機の音が入るんです。

他にも面接途中にいろんな生活音を聞いたことがあります。
 ・小さいテレビの音
 ・母親であろう女性の笑い声
 ・誰かがドアを開けたときのガラガラ音

マイクはあなたが意図しない音を忠実に拾い
我々面接官に届けてくれます。

そういった音を聞いても別にマイナス印象にはなりません。
ただ、あなたの話が頭に入ってこなくなるんです。
他の生活音に意識が持っていかれてしまいます。

面接官としてあなたの話をちゃんと聞きたいんです。
だからできるだけ生活音が入らないようにしてください。

散らかった部屋が背景にうつる

オンラインで人と話していると、
その人の「背景」が気になりませんか?

その人の部屋の雰囲気や置いている物に、最初は目がいってしまうんです。
ZOOM飲み会の経験がある方は共感していただけると思います。
友達の部屋の雰囲気をみて、こう思った人もいるはずです。
 「こいつ汚い部屋にいるな~」
 「部屋にそんな服があるんや~」
 「なんかポスター貼ってるやん」

面接官も同じことを思います。

仮に汚い部屋が背景にうつった場合、
面接官にだらしない人であると思われかねません。
あなたがどれだけ素晴らしい受け答えをしても、
「背景」という視覚の印象を覆すことは困難でしょう。

カメラに映る部分だけはきれいにしておいてください。
もしくは背景だけを別の画像にするZOOMの設定を使っても良いと思います。

あなたの話を真剣に聞いてもらうためにも、
余計なものが画面に映らないようにするのが得策です。

突然イヤホンマイクが反応しなくなる

では、弊社を志望する動機を教えてください

・・・
(口だけは動いている)

これ、本当によくあります。
Bluetoothイヤホンの充電が切れたのか、有線イヤホンが断線したのでしょう。

イヤホンの問題がすぐに解決すれば良いのですが、
解決しなかった場合あなたはスピーカーで面接することになります。

スピーカーにするとあなたの声以外にも、
部屋付近の物音や外の車のクラクション音など様々な音が入りやすくなります。
だからこそ、面接時はイヤホンマイクである必要があります。

Web面接のときは必ず手元に予備のイヤホンマイクを用意しておいてください。
何か問題が起きたときに、すぐに対処できるように。

Web面接では何があなたの邪魔をするかわかりませんので、準備することが大切です。

気を付けるポイントまとめ

今回はWeb面接でのよくある失敗を5つご紹介しました。

 ・カンペを読んでいることがバレる
 ・面接の途中でWi-Fiが切れる
 ・実家暮らしで家族の生活音が音声に入る
 ・散らかった部屋が背景にうつる
 ・突然イヤホンマイクが反応しなくなる

対面の面接よりも、Web面接の方がトラブルが発生しやすいです。
だからこそ入念に準備することを強く推奨します。

あなたの転職が成功しますように。